危険なハチも生態を知ることで自分自身を守ることが出来る

業者に依頼

軒下を調査する作業員

深刻化が増す鳩被害について

鳩は、国内どこでも見る事が出来る鳥です。屋根や軒下など建物のどこにでも巣を作る習性は人々にとって大きな被害につながります。一度巣を作ると繁殖期にはヒナが帰ってしまいます。そのため、鳩の飛び交う回数が頻繁になり、鳩の糞や羽根、枯れ木など見た目や不衛生な被害を受けてしまいます。また、飛び交う音や鳴き声も非常に被害となってしまいます。このような被害対策として現在様々な防鳥ネットが市販品で販売されています。自分で行える対策となり鳩の巣のある場所に応じた対策が行われます。しかし、鳩はその場に戻ってくるという習性があります。対策を行ってもわずかな隙間から入り込んだり、わずかな隙間に巣を作ってしまうものです。このような深刻化した被害を受けた場合には専門業者に依頼することによって、大きな効果が期待できます。

専門業者によるネットの張り方

鳩対策で最も効果がよいとされるのは防鳥ネットです。個人で市販品で購入し、防鳥ネットを設置しようとすると、その建築物の構造によって設置困難なケースがあります。自分の所有物であっても、建築物への穴開けはなかなか施行出来ないものです。それによって無理な設置の事も多く、かえって不具合が生じる事があります。例えばマンションにおいて、ベランダにネットを張ったけど洗濯物が干せなくなった、風邪でゆらゆらする、見栄えが悪いなど挙げられます。専門業者によるネットの張り方では、業者における技術にもよりますが、建物へのしっかりとしたアンカー打ち、アンカーが打てない場合の対応、外見から見えにくいネットの使用、たるみの無いネットの張り方など様々な技術で取り組みが行われています。